ウーマン

投資の初心者でも安心して始められるのがコレ

家賃収入の安定化

電卓

デメリットはないのか

家賃債務保証会社を利用すれば、家賃滞納のリスクを減らすことができ、しかも費用は原則として入居者の負担になるため、家主には何のデメリットもないように見えます。しかし幾つか注意すべき点があります。まず連帯保証人を用意できる優良な入居者にとって、家賃債務保証は出費が増えるだけでメリットがありません。そのため家賃債務保証を義務付けていると、契約を断られる可能性があります。また家賃債務保証があると安心して、入居の審査が甘くなりがちなことにも気をつけてください。保証会社は入居希望者の支払能力を審査しますが、人柄や性癖まではチェックしません。他の入居者とトラブルを起こしたりしないよう、家主は家主で相手を見極めることが大切です。

保証人不要のメリット

人間関係が希薄になり、高齢者世帯や外国人世帯も増加している今日、「保証人不要」というキーワードは入居者募集の大きな手助けになります。家賃債務保証制度は連帯保証人を用意できない人にも、安定して賃貸住宅を提供するために利用されます。これを家主から見れば、空室リスクを軽減することに繋がります。家賃債務保証会社は免許や登録が必要でないため、なかには経営が不安定だったり、不適切な取り立てで問題になったりする会社があります。業界団体は一応ありますが、加盟していない会社も数多く存在します。保証会社が倒産すると元も子もないので、契約前に信用度をチェックすることが大切です。家賃債務保証と連帯保証人の両方とも設定しておけば、安心感は倍増します。